米アップル 中国企業に48億円支払い ニュースに一言



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

2012年07月02日

米アップル 中国企業に48億円支払い

中国でのiPad(アイパッド)の商標権を巡り、

唯冠科技(広東省深セン市)と米アップル社が訴訟していました。

唯冠科技が、商標権の侵害を訴える訴訟を起こし、

それに対して、アップルが商標権の確認の訴えを起こすなど

正面からの対決となりましたが、結局アップルが6000万ドル(約48億円)を

支払うことで和解したそうです。

唯冠科技が中国でのiPad(アイパッド)の商標権を

持っていたということになりますかね。

アイパッドという商標を何に利用しようとしたのか分かりませんが

商標権を先に取っていただけで48億円もの支払いを受けられるとは

思わぬ臨時収入ですね。

こういった事例があるので、商標権の侵害や権利問題を持ち出して

やみくもに訴訟を行う会社が出てきたり、それを生業とするような

弁護士やコンサルタントのような人が居たり・・・

悪徳とまでは言いませんが、何でも商売になってしまうのもどうかと思います。



banner_03.gif
このサイトは人気blogランキングに参加しています。
posted by machiy at 17:46 | テクノロジー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。