ドジャーズ斉藤破格の待遇 ニュースに一言



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

2007年02月18日

ドジャーズ斉藤破格の待遇

LAタイムズによるとドジャーズの斉藤投手が、百万ドル(約1億2千万円)の昇給と30万ドル(約3千6百万円)出来高というメジャー2年目の選手としては破格の昇給を果たしたようです。

斉藤投手はルーキーとはいえ、今週37歳になるベテラン。
球団側は、「彼は未だ2年目のルーキーで交渉権などなく来年も家族と共にロスでプレーしたいという意思表示をすることぐらいしかできない」という事情を踏まえ昨年の実績を考慮してオファーした模様。

まさに実力社会を絵に描いたような展開です。

日米共に、「実績を残したベテランは、その年の成績が悪くても報酬があまり下がらない、良い成績を残せば法外な上がり方をする(要求する)。またその逆、若手はいくらいい成績を残しても昇給率が低い」という習慣を打ち砕く布石になってほしいものです。



banner_03.gif
このサイトは人気blogランキングに参加しています。
posted by machiy at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。