パリス・ヒルトンも肖像権は大事らしい。  ニュースに一言



ブログ記事を投稿するだけで原稿料を貰える

2007年09月10日

パリス・ヒルトンも肖像権は大事らしい。

お騒がせパリス・ヒルトンがまたお騒がせです。
肖像権を侵害したとしてカード会社を訴訟です。
カード会社といっても、クレジットカードなどではなく、グリーティングカード。


 [ロサンゼルス 7日 ロイター] 米タレントのパリス・ヒルトンさん(26)が、グリーティングカードを製造する米ホールマーク・カードを相手取り、自身の肖像を無断で使用したとして訴えを起こしている。
 ロサンゼルス連邦地裁に6日遅くに出された訴状によると、ヒルトンさんはホールマークに対し、「パリスのウエートレス初日」と題されたグリーティングカードの使用差し止めと10万ドル(約1100万円)以上の賠償金支払いを求めている。
 一方、ホールマーク側は同カードについて、有名人や政治家を風刺したシリーズの一環だと説明。「これらのカードは、パリス・ヒルトンを含む有名人にまつわるニュースやゴシップを風刺的に扱ったもので、当社はヒルトン氏のいかなる権利も侵害していないと考える」としている。
 このカードは米国で1枚2.49ドルで売られている。

9月9日18時16分配信 ロイター(Yahooニュース)



ということで、結果はどうなることやら?ですが、とりあえず噂のカードはこれ↓。

paris_card.03.jpg

アメリカでは、お金を取れるところから取ってやろう精神に満ち溢れているため、訴訟が盛んですが、パリスヒルトンに限ってはお金が余ってるので、純粋に「カードにムカついたから」という理由でしょう。(笑)


banner_03.gif
このサイトは人気blogランキングに参加しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。